innocent world 4:29 > Mr.Children>BOLERO

2005年03月02日

タイムマシーンに乗って

今回は「BORELO」の3曲目、タイムマシーンに乗ってです。
BORELOの曲を扱うのは4ヶ月振りです。
最近はこっちの方あんまりやってないんでどのアルバムも久しぶりになっちゃいましたけどね^^;
この歌は当時の桜井さんの悩みっぷりが如実に表れた作品だと思います。
当たり前のことですが、彼もまた一人の人間だったということでしょうか。


タイムマシーンに乗って


>時が苦痛ってのを 洗い流すなら
 タイムマシーンに乗って 未来にワープしたい



このアルバムが発売されたのが1997年3月8日なんだそうです。
あと1週間で満8歳を迎えるわけです。
時間経つの早っ!

桜井さんがワープしたかった未来っていうのはいつのことなんでしょう。
ただ単に漠然と未来だったのか、それとも何日後、何年後という具体的な場所があったのか。
このアルバムが出てから活動休止などありましたが、今もなおMr.Childrenが存在してくれている事が嬉しいです。


>管理化の教室(コヤ)で 教科書を広げ
 平均的をこよなく愛し
 わずかにあるマネーで 誰かの猿真似
 それが僕達の世代です



国民性というかなんというか、日本は平均を求めていきます。
目立っちゃいけないしおちこぼれてもいけないし。
昔からの体質として変化を好まないですよね。
ひとつの所で安定したこと良しとします。
何でなんでしょうね。

それでも最近は少しずつ変わってきたでしょうか。
一昔前よりは色んなことを受け入れてくれるような世の中になってきたし、革新的な人達も出てきたように思えます。
待つだけではなく、自分から動き出さないとだめなんだな。


>How do you feel?
 どうか教えておくれ
 この世に生まれた気分はどんなだい?

>How do you feel?
 どうか水に流してくれ
 愚かなるこのシンガーのぼやきを



この頃の桜井さんが歌を通じて伝えたかった事って何なんでしょう。
歌詞から分かるとおり、この世の中にかなり嫌気がさしています。
一部の雑誌などでは、この頃自殺も考えていたというのが載っていたぐらいですからね。
生きていくうえでの苦悩、憤り、絶望など心のうちに渦巻いています。
この世の矛盾を聞いている人達に分かってもらいたかったのだろうか。


この歌と「Q」「It’s〜」ましてや「シフクノオト」なんていうアルバムを書いた人が同じ人とは到底思えないぐらいです^^;
人って変わるものですね。
蝶に変わる前のさなぎの段階とでも捉えればいいでしょうか。
蓑で覆われた内部では劇的な変化が起こっていたんですね。

今でも心の奥底ではこういった想いが眠っているかもしれませんね。

>癒える事ない痛みなら いっそ引き連れて

ですからね^^;


題名が「タイムマシーンに乗って」で切れています。
歌詞では未来にワープしたいとなってますが、もしかしたら過去にも戻りたかったかもしれませんね。
音楽をやり始めた頃の純粋な気持ちを取り戻すために。

BOLERO
このアルバムの3番目です。この世に生まれた気分はどんなだい?

2004年11月27日

everybody's going

今日はこれから銀座に飲みにいってきます。
会社の同期の人達が集まってやるんですが、かなり久しぶりなんです。
すでに会社を辞めてしまった人達も来るし、配属で違う部署になってしまった人とは話す機会があまりないのでたまにこういう飲み会があると話が盛り上がって楽しくなっちゃうんですよ。
今日は12,3人ぐらい来るのかなぁ。
楽しみだ♪

ところでこの「銀座」
大人のイメージを持ってる方が多いですよね。
間違ってはないですが、自分が思うに物価が高いからそういうことになるんじゃないかと。
外国人に言わせると、銀座の物価の高さは世界一なんだとか。
物価が高いというか売っている物自体が高いものばかりなんでしょうね。
僕は学生の時この銀座でバイトをしていたんです。
ある和食レストランの調理を担当してました。
そのレストランの値段が高いのなんの^^;
電子レンジでチンしただけでよくこの値段で出せるなぁと思ってました。
「銀座」というブランドはそれだけで値段を吊り上げる力を持っています。

今日行くのはただの居酒屋^^;
一人¥3,500で飲み放題付き☆
でも「銀座の」という言葉が付くだけで高級そうに見えるでしょ!?
だから今日は

銀座に飲みに行く。

のです^^


everybody goes-秩序のない現代にドロップキック-

銀座のJR線の最寄り駅、有楽町の駅前に「吉野家」があります。
昼になるとサラリーマンが集まってきて信じられないほどの長蛇の列を形成します。
またその吉野家もでかいんです。
2年前にその光景を見た時は驚きと同時に何か寂しげなものも感じました。
今もあんな風な行列はできているのか・・・。

自分もサラリーマンになってしまい、毎日が早く過ぎ去っていきます。
「仕事を始めたら時間なんてあっという間に過ぎていく」と親が言ってましたがほんとにその通り。
変化のない毎日がそう感じさせるのかな。
気が付けば今年も終わりに近づいています。

でも今日みたいに楽しみを見つけて生きていこうと思います^^;
何事でも向こうからやってくるのを待つのではなく、自分から動き出さないと。
発起人&幹事として今日の任務を遂行するのであります!


>仕事のできない連中は こう言う
 「あいつは変わった 自惚れやさん」
 こんなにガンバッてるのに


いや〜深いですね。
自分よりも明らかに仕事のできない人、もしくはやらない人と一緒に仕事をすると腹が立ちますよね。
仕事を任せることもできないし。
その上、「あいつは目立とうとしてる」なんて思われるんですよね。
でも自分でがんばってるのにと思っちゃう所に少しの自惚れも感じます。
自分は仕事ができると思ってる人にこういうの多いんじゃないでしょうか。
いえ、自分は違いますよ。


>皆 病んでる
 必死で生きてる


忙しすぎる状況の中に身を置く事は一種の病みたいなもんでしょう。
取り残されないように、離されないように必死で生きているんです。
社会の中で、家庭の中で、絶妙なバランスを保ち続ける現代のサラリーマン達。

>組織の中で ガンバレ サラリーマン

everybodygoes

BOLERO
このアルバムの10番目の曲です。現代の荒波を打ち破れ!

2004年11月07日

「BOLERO」の「ボレロ」

そんなガラじゃないんですが、毎年12月にクラシックコンサートを聴きにいってます。

昔付き合ってた人が吹奏楽部だった人でそっちの方に興味があり、4年前に初めて自分のお金を出してクラシックコンサートに行きました。
当時まだ20歳。
ぼくはそんなに興味のある方ではありませんでしたが、彼女のすすめもあって・・・その時はしぶしぶでしたかね^^;
だって1万円ぐらいするんですよ。
特に興味もないものに。
ミスチルのライブでもないのに、それより高いし^^;
その時は学生でしたから余裕もなかったんですよ。

でもいって良かったと思いました。
迫力に圧倒されたというか、ありふれた言い方ですけど、感動したんです。
中学のときに学校の行事でいったきりでしたから。
大人になってから生で聴いてみると、違ったものを受け取れると思います。

その時の名残で毎年いってます。
もうその彼女とは別れてしまいましたが、それだけはなぜか今でもその彼女と一緒に行ってます^^;
彼女曰く「周りにクラシック好きな人いないし、けっこう高いからなかなか誘いずらいんだよね」とのこと。
なんか都合のいいように使われてます。
自分も嫌いじゃないんでいいですけどね^^;

もしクリスマスや年末に彼氏、彼女と何か特別なことをしたいなぁと思ってる方。
『クラシックコンサート』なんていかがでしょうか^^
お勧めですよ!


「ボレロ」

ラヴェルという作曲家の有名なクラシックの曲「ボレロ」
CMでもよく流れてるので知ってる方もたくさんいると思います。
http://groups.yahoo.co.jp/group/tpo-web/files/mp3/bolero.mp3
↑(ここで聴くことができます)

この曲に影響を受けたのかどうかはちょっとわからないんですが、後半のドラムパターンなどはほぼ一緒です。
ずーっと同じフレーズで楽器が徐々に増えていくというラヴェルのボレロ。
実際に生で聴いたことはないんですが、眠くなるらしいです^^;
ずっとゆっくりで同じフレーズだから・・・。


ミスチルのほうの「ボレロ」、桜井さんの書く詞にしてはめずらしく(!?)かなりストレートな愛情表現を使っていると思います。


>いつだって年中無休で 君を愛してゆく

ここのフレーズがすごく好きなんですよねぇ。
この歌、本能に訴えかけるような言葉が多いので、なんか「年中無休」という身近な言葉が、妙にやさしさにあふれているというか、包み込んでくれる感じがします。
賛否両論あると思いますが、僕は好きです^^


>今度こそ本物なんだって 君が言うのなら
 小便臭い十代の恋を 笑い飛ばしてくれ


20歳を過ぎて、ここまで想えるような恋愛ってなかなかできないんじゃないかなーって最近思うんです。
いくつかの出会い、別れを繰り返し、恋愛に対して臆病になってるところが出てきます。
年を重ねて、「何を今さら」と思うこともあるでしょう。
でも「ボレロ」の歌詞のように想える恋愛まだまだできると信じてます^^;
ひるむ事のない想い・・・いつかは生み出してみたいもんです。


この曲好きな人はあんまりいないかな^^;
「BOLERO」を聴いてても飛ばす人もいるでしょう。
でもたまには聴いてみてください!
この曲を聴いて、今でこそわかることもやっぱりあると思いますよ^^

BOLERO
このアルバムの11番目の曲です。本能的な愛を歌っています。

2004年10月07日

幸せのコリゴリー

皆様こんばんは。
最近めっきり夜風が冷たくなってきましたね。
昼間は暑いので半そででもいいのですが、夜にそれだと凍死しかねません。
私事ですが、自分まだタオルケットで寝てるんですよ。
苦行をしているわけではなくて、布団に変えようと思って干しておいたら雨にやられたというだけの話です。
ここのところの雨続きでまったく乾きません。
あまりにも寒いのでタオルケットに毛布を組み合わせてみたのですが・・・そろそろ限界です。


それでは今日の曲です。今日は”幸せのカテゴリー”を紹介したいと思います。


続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。