innocent world 4:29 > Mr.Children>BOLERO > 「BOLERO」の「ボレロ」

2004年11月07日

「BOLERO」の「ボレロ」

そんなガラじゃないんですが、毎年12月にクラシックコンサートを聴きにいってます。

昔付き合ってた人が吹奏楽部だった人でそっちの方に興味があり、4年前に初めて自分のお金を出してクラシックコンサートに行きました。
当時まだ20歳。
ぼくはそんなに興味のある方ではありませんでしたが、彼女のすすめもあって・・・その時はしぶしぶでしたかね^^;
だって1万円ぐらいするんですよ。
特に興味もないものに。
ミスチルのライブでもないのに、それより高いし^^;
その時は学生でしたから余裕もなかったんですよ。

でもいって良かったと思いました。
迫力に圧倒されたというか、ありふれた言い方ですけど、感動したんです。
中学のときに学校の行事でいったきりでしたから。
大人になってから生で聴いてみると、違ったものを受け取れると思います。

その時の名残で毎年いってます。
もうその彼女とは別れてしまいましたが、それだけはなぜか今でもその彼女と一緒に行ってます^^;
彼女曰く「周りにクラシック好きな人いないし、けっこう高いからなかなか誘いずらいんだよね」とのこと。
なんか都合のいいように使われてます。
自分も嫌いじゃないんでいいですけどね^^;

もしクリスマスや年末に彼氏、彼女と何か特別なことをしたいなぁと思ってる方。
『クラシックコンサート』なんていかがでしょうか^^
お勧めですよ!


「ボレロ」

ラヴェルという作曲家の有名なクラシックの曲「ボレロ」
CMでもよく流れてるので知ってる方もたくさんいると思います。
http://groups.yahoo.co.jp/group/tpo-web/files/mp3/bolero.mp3
↑(ここで聴くことができます)

この曲に影響を受けたのかどうかはちょっとわからないんですが、後半のドラムパターンなどはほぼ一緒です。
ずーっと同じフレーズで楽器が徐々に増えていくというラヴェルのボレロ。
実際に生で聴いたことはないんですが、眠くなるらしいです^^;
ずっとゆっくりで同じフレーズだから・・・。


ミスチルのほうの「ボレロ」、桜井さんの書く詞にしてはめずらしく(!?)かなりストレートな愛情表現を使っていると思います。


>いつだって年中無休で 君を愛してゆく

ここのフレーズがすごく好きなんですよねぇ。
この歌、本能に訴えかけるような言葉が多いので、なんか「年中無休」という身近な言葉が、妙にやさしさにあふれているというか、包み込んでくれる感じがします。
賛否両論あると思いますが、僕は好きです^^


>今度こそ本物なんだって 君が言うのなら
 小便臭い十代の恋を 笑い飛ばしてくれ


20歳を過ぎて、ここまで想えるような恋愛ってなかなかできないんじゃないかなーって最近思うんです。
いくつかの出会い、別れを繰り返し、恋愛に対して臆病になってるところが出てきます。
年を重ねて、「何を今さら」と思うこともあるでしょう。
でも「ボレロ」の歌詞のように想える恋愛まだまだできると信じてます^^;
ひるむ事のない想い・・・いつかは生み出してみたいもんです。


この曲好きな人はあんまりいないかな^^;
「BOLERO」を聴いてても飛ばす人もいるでしょう。
でもたまには聴いてみてください!
この曲を聴いて、今でこそわかることもやっぱりあると思いますよ^^

BOLERO
このアルバムの11番目の曲です。本能的な愛を歌っています。

この記事へのコメント
こんばんは〜。
すっかり冬のテンプレですね^^
年末にクラシックコンサートって優雅です!
行ってみたいとは思うのですが、チケット代の高さに、
足が遠のいちゃうんですよ(^^;
でも、やっぱ生演奏はいいのですねぇ〜。

BOLERO、発売当時辛い事がありまして、
(ミスチルもいろいろ騒がれてましたよね。)
アルバム自体封印してました。
ので、歌詞覚え率が悪かったりします。

最近聴いてみたら、素晴らしかったです♪
green_t19さんがおススメしてるあたりを、
もう1度良く聴いてみよう!と思いました(*^^*)
Posted by むつ at 2004年11月08日 00:43
むつさん、どうもです☆

テンプレート変えてみたんですけど、なんか白がまぶしいですね^^;
これでも一応スタイルシートいじって淡い色にしているんですが、それでもまだ見難いですよね。
すぐ前のに戻るかも知れません^^;

「BOLERO」ですが、当時は桜井さんの精神状態もよろしくなかったということで、むつさん自身にも辛いことがあったとなればダブルパンチだったでしょう。
もし同じように落ち込んだ時が来たら、次は、やはり「DISCOVERY」が効くんじゃないでしょうか。

桜井さんの言葉を胸に、

>振り向かずに DISCOVERY

ですよ^^
Posted by green_t19 at 2004年11月09日 04:21
グリーンさん、(という呼び方でいいですか?)
いい曲のチョイスですねぇ(^^

最初僕も、あのアルバムでは目立たない方だったので聞いてませんでしたが、
「詩集・優しい歌」
でボレロの歌詩を改めて見たとき衝撃がはしりましたっ。 なんだなんだ、こんな曲あったのか!?って(笑) それ以来、お気に入りの曲となりました♪

もしシフクノオトのラブソングコーナーでこれがきてたら、ぶっとんでましたね(^^;;
Posted by スズキ at 2004年11月09日 22:33
こんにちは、スズキさん☆
返事遅くなってすいません。
名前の呼び方は何でもいいです^^;
「ぐ」でも「ぐり」でも「19」でも。
人っぽい名前にしておけばよかったと今さら後悔しています。。。

「ボレロ」が好きなんてなかなか通ですね^^
僕も好きなんですがまわりにそんな人がいなくて困ってたところです^^;

詩集、まだ見たことないんですがどんな曲が載ってるんでしょうか。
「ボレロ」が載っているということはそうとうマイナーな曲も載ってるんですね。
まだ売ってるかなぁ。
もし見つけたら僕も買って読んでみようと思います。
歌詞だけを見てみると新たな発見がけっこうありますよね!
こんなブログやってるんでよくわかります♪
Posted by green_t19 at 2004年11月12日 14:07
コメントありがとうございます!

先ほど、green_t19さんのBlogを見ていたところ、こちらの記事と昨日投稿の自分の記事のタイトルが一緒なのに気づきました
ということなので今さらですがTBさせていただきます

ボレロ、いい曲ですよね
硬い感じのBOLEROの中にあって、実はラブソングだったりする
歌詞もいいですし、いい意味で「意外」な感じです
Posted by sin at 2004年11月21日 10:20
こんにちはsinサン♪

コメント&トラックバックありがとうございます!
題名一緒だったんですね!
全然気付きませんでした^^;

「BOLERO」はご指摘の通りシングル曲が多いのですが、なかなか濃い曲がそろっているというか、世に訴えかける曲が多いですね。
僕は「ボレロ」はもちろんなんですが「傘の下の君に告ぐ」も好きですね。

リンクの件、ありがとうございます!
これからもよろしくです^^
Posted by green_t19 at 2004年11月21日 12:52
Posted by サガット at 2005年06月05日 07:01
はじめまして。
少し考えることがあって、そのときにミスチルのボレロが流れてきたんですよね。
じっくり歌詞を詠んでみようと思い検索したらここにきました。
心に響く歌っていいですよね。流行っていた頃よりずいぶん大人になりました。またミスチルの世界が広がったようなきがします。
Posted by ことめ at 2005年06月17日 11:16
はじめまして。
少し考えることがあって、そのときにミスチルのボレロが流れてきたんですよね。
じっくり歌詞を詠んでみようと思い検索したらここにきました。
心に響く歌っていいですよね。流行っていた頃よりずいぶん大人になりました。またミスチルの世界が広がったようなきがします。
Posted by ことめ at 2005年06月17日 11:16
こんにちはことめさん、はじめまして!
コメント残していただいてありがとうございます!

歌ってどんな人のものでもそうだと思うけど、聴く人の価値観だったりその時の気持ちなんかでずいぶん印象が変わってくることありますよね。
自分が大人になっていろいろ経験してきて、また昔の歌を聴くとだいたい昔の印象とはがらっと違うことが多いです。

特に「BORELO」は恋愛感情の本能的な部分を歌っているので、心へ響いてくるものは大きいと思います。
この気持ちが分かってくるということは、自分も少しは成長したということでしょうか^^;

また遊びに来てくださいね^^
お待ちしてます!
Posted by green_t19 at 2005年06月18日 17:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。