2004年10月30日

風を集めて・・・

昨日の夜、4ヶ月前まで一緒に働いてた人と久しぶりに会いました。

その人は22歳の女性なんですが、高卒で会社に入って3年と少し働いてました。
自分の夢を追いかけて・・・というかどうしても自分のやりたかったことをあきらめられず、6月に退社して1からの再スタートを切りました。

「なんとなく就職して続けていたけど、だらだら毎日が過ぎていくのがなんだかたまらなく嫌だった。不満があったわけではない。だけど充実していたかといえばそんなことは決してなかった」

今は専門的な技術や知識を要する仕事をしていて、勉強しながらの毎日なんだとか。
まだ知識がほとんどないのでアシスタント的な役割で今はバイトとして働いています。

「うちの会社ってけっこう大きな会社だからそこで働いてるとすれば世間的にもよく思われるじゃない。それなのにそこを捨ててまで今さらバイトっていうのも、さすがに私にだってプライドがあるし、その時はどうしようって悩んだよ」

給料は前より低く、もちろんボーナスもでません。保険にも入ってないといってました。
「時給なんて高校生の時にバイトしてたとき以来だから、なんだか若返ったみたいだよ」
今では笑って話してくれましたが、乗り越えてきた壁はいくつかあったみたいです。

「目の前のことから逃げるようにしてアドバイスを求めるんじゃなくて、ちゃんと自分の考えを持った上で聞かないと意味がないんだよ。じゃないとただ聞くだけで流れていっちゃうからね。結局最後に決断を下すのは自分自身だから、自分がしっかりしてないとだめなんじゃないかな」

この言葉がやけに耳に残りました。


花 -Memento Mori-

なぜか最近好きになった曲です。
そう長くない歌詞ですが、噛めば噛むほど味がでるというか、いろんなことを感じさせてくれます。
当時¥500で売っていたこのシングル。
デジタル録音ではなく、あえてアナログでの録音を敢行・・・なんて当時中学生だった僕にはなんのこっちゃって感じでした^^;


>恋愛観や感情論で 愛は語れない
 この想いが消えぬように そっと祈るだけ
 甘えぬように 寄り添うように 孤独を分け合うように

この部分、雰囲気的に、今にも消えてしまいそうなかすかな優しさを感じます。
「愛」というのはどんなに言葉にしても最後は本能の感情。
それが消えないように「祈る」というのが印象深いです。


>等身大の自分だって きっと愛せるから
 最大限の夢描くよ たとえ無謀だと他人が笑ってもいいや

どうしても自分を大きく見せようとすることが多いです。
等身大の自分、素の自分、本人しか知らない自分をもう少し認めてやってもいいのかな。


>負けないように 枯れないように 笑って咲く花になろう
 ふと自分に 迷うときは 風を集めて空に放つよ
 ラララ・・・
 心の中に永遠なる花を咲かそう

この記事の始めに書いた人を想いこの曲を選びましたが、その人は心に花を咲かせたのでしょう。
身近でがんばってる人を見ると自分もがんばろうって気になります!
負けないように・・・枯れないように・・・自分の「花」を思いっきり咲かせてみたいなぁ。

この記事へのコメント
green_t19さん、おはようございます。
どんな困難な状況でも、生き生きと頑張ってる人のお話しを聞くと、
元気や頑張る力をもらえますよね。

花のひっそり、静かに、メッセージを訴えかける
ところが
好きです(*^^*)

お互い、自分の「花」を素敵に咲かせたいですね。
Posted by むつ at 2004年11月01日 07:14
いつも一言残していただいてありがとうございます^^
返事するの遅くなってしまってすいません。

なんかこう目の前に必死に前に進もうとしている人がいると、自分の存在がすこし小さく見えてしまうといいますか・・・自分はこのままでいいんだろうか、と考えてしまいます。
でもやっぱり人それぞれ自分のペースがあって、それにあわせてそれぞれの「花」を咲かせていけばいいんですよね^^

いつかは僕も他人を元気にできるような、笑って咲く花になりたいなと^^
Posted by green_t19 at 2004年11月02日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。