2004年11月27日

everybody's going

今日はこれから銀座に飲みにいってきます。
会社の同期の人達が集まってやるんですが、かなり久しぶりなんです。
すでに会社を辞めてしまった人達も来るし、配属で違う部署になってしまった人とは話す機会があまりないのでたまにこういう飲み会があると話が盛り上がって楽しくなっちゃうんですよ。
今日は12,3人ぐらい来るのかなぁ。
楽しみだ♪

ところでこの「銀座」
大人のイメージを持ってる方が多いですよね。
間違ってはないですが、自分が思うに物価が高いからそういうことになるんじゃないかと。
外国人に言わせると、銀座の物価の高さは世界一なんだとか。
物価が高いというか売っている物自体が高いものばかりなんでしょうね。
僕は学生の時この銀座でバイトをしていたんです。
ある和食レストランの調理を担当してました。
そのレストランの値段が高いのなんの^^;
電子レンジでチンしただけでよくこの値段で出せるなぁと思ってました。
「銀座」というブランドはそれだけで値段を吊り上げる力を持っています。

今日行くのはただの居酒屋^^;
一人¥3,500で飲み放題付き☆
でも「銀座の」という言葉が付くだけで高級そうに見えるでしょ!?
だから今日は

銀座に飲みに行く。

のです^^


everybody goes-秩序のない現代にドロップキック-

銀座のJR線の最寄り駅、有楽町の駅前に「吉野家」があります。
昼になるとサラリーマンが集まってきて信じられないほどの長蛇の列を形成します。
またその吉野家もでかいんです。
2年前にその光景を見た時は驚きと同時に何か寂しげなものも感じました。
今もあんな風な行列はできているのか・・・。

自分もサラリーマンになってしまい、毎日が早く過ぎ去っていきます。
「仕事を始めたら時間なんてあっという間に過ぎていく」と親が言ってましたがほんとにその通り。
変化のない毎日がそう感じさせるのかな。
気が付けば今年も終わりに近づいています。

でも今日みたいに楽しみを見つけて生きていこうと思います^^;
何事でも向こうからやってくるのを待つのではなく、自分から動き出さないと。
発起人&幹事として今日の任務を遂行するのであります!


>仕事のできない連中は こう言う
 「あいつは変わった 自惚れやさん」
 こんなにガンバッてるのに


いや〜深いですね。
自分よりも明らかに仕事のできない人、もしくはやらない人と一緒に仕事をすると腹が立ちますよね。
仕事を任せることもできないし。
その上、「あいつは目立とうとしてる」なんて思われるんですよね。
でも自分でがんばってるのにと思っちゃう所に少しの自惚れも感じます。
自分は仕事ができると思ってる人にこういうの多いんじゃないでしょうか。
いえ、自分は違いますよ。


>皆 病んでる
 必死で生きてる


忙しすぎる状況の中に身を置く事は一種の病みたいなもんでしょう。
取り残されないように、離されないように必死で生きているんです。
社会の中で、家庭の中で、絶妙なバランスを保ち続ける現代のサラリーマン達。

>組織の中で ガンバレ サラリーマン

everybodygoes

BOLERO
このアルバムの10番目の曲です。現代の荒波を打ち破れ!

この記事へのコメント
つい最近、頑張る事を嫌う人もいるって知った私です。
世知辛い世の中です。
あっ!こうは言っても仕事が出来るわけじゃ、もちろんありませんよ。

組織の中で ガンバレ サラリーマン
くぅ〜(><)染みます(笑)

>銀座に飲み行く。
一度でいいから、言ってみたいです^^
Posted by むつ at 2004年12月03日 00:33
むつさん、こんばんは!
返事が遅くなり申し訳ありません。
ちょっと仕事やら何やら、やらなければならないことがたくさんあって、ブログのほうに手が回らない状態に陥ってます・・・。

会社のパソコンが全面的に入れ替えになり、その処理で追われてしまってどうしようもありません。
家に帰ってきてもすぐに寝てしまうんですよ〜(ToT)
そろそろ自分のブログも更新もしたいんですが。


>頑張ることを嫌う人
なんかいやな響きですね。
むつさんのブログで拝見させていただきましたが、その人に対し自分勝手な人だなという印象をうけました。
向上心が無くなってしまっては人間だめになってしまうと思うんですよ。
「出る杭は打たれる」ではないですが、頑張る人ほど風当たりが厳しいのもまた現実。
他人からの風当たりが厳しいということは他人が頑張っていることを認めている証拠じゃないでしょうか!?

むつさんこれからも頑張り続けてくださいね^^
Posted by green_t19 at 2004年12月06日 01:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1137485
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。