innocent world 4:29 > 2005年03月の過去ログ

2005年03月31日

ガチャピン☆ ムック★ ミスターチルドレン!?

昔なつかしポンキッキーズと子供向け教育番組ガチャガチャポンのテーマソングをなんとミスチルが担当。
題名はずばり「ヨーイドン」

こちらで桜井さんのコメントと小林武史さんのコメントを見る事ができます!

http://www.fujitv.co.jp/gachapong/


・ガチャガチャポン

フジテレビ関東ローカル毎週月曜15:30〜15:58放送
BSフジ毎週金曜19:30〜19:55放送 ※再放送あり

・ポンキッキーズ

フジテレビ系毎週土曜6:00〜6:30放送 ※一部地域を除く


この「ヨーイドン」も今のところCD発売などの予定はなく、番組内でのみ聞く事ができるそうです。
そろそろ勘弁してほしいなぁ。
はやくミスチルのアルバムも発表しませんか^^;

子供向け番組のテーマソングだなんてなんか何でもアリになってきたな^^;
やっぱりファンにとっては賛否両論いろいろあるみたいです。
自分は賛成派。
子供がミスチルの歌を口ずさんでくれるなんて単純に素敵なことだと思います。


環境問題、教育問題、これから起こりうる、もしくは進行中の問題に対して音楽を通して手を差し伸べている桜井さんに小林さん。
それぞれに子供がいて考えることは大きいんでしょうね。
自分にはぴんとこない話ばかりです。
何か考えさせるきっかけがあればもっとまじめに取り組もうという気になるんだろうか。

ap bankのサイトのColumn欄に「Eco life‐line」という記事があります。
都会の生活に慣れてしまって自然の大切さを見失っている今、ここに書いてあるような身近なところから何か始められたら、それだけでも変わっていくのかな。
大きいことを一気にやるんじゃなくて、小さくてもいいからみんながやる事が大事なんだろう。
自分も種でも蒔いてみるかな^^

話がだいぶそれてしまいましたね。。。


ap bank




2005年03月31日

ap bank fes’05 開催決定!!

いや〜しばらく更新しない間に新しい、嬉しいニュースが届いているではありませんか!
今年の夏は野外ライブですか^^
こりゃ絶対行かなきゃなぁ。

詳しくはこちら↓

ap bank fes’05

チケット争奪戦がかなり激しく繰り広げられそう。
ところでここの会場は何人ぐらいはいるんでしょうか?
野原に特設ステージ作ってやるんですかね。
近隣にお住まいで何か分かる事がある方は是非情報提供をお願いします!


このライブで特筆すべきはMr.Childrenとbank bandが競演するということでしょう。
自分の勝手な思い込みでこの二つのバンドは相反するものだと思ってました。
(JENからは環境問題なんて言葉想像つかないし^^;)

Mr.Childrenは、今までの長年の活動から多くのファンを獲得しており、CD発売やライブ等何か行動を起こすとなるとかなり大きな規模になります。

それに比べbank bandの方は、櫻井さんがボーカルということで認知度はかなりのものがありますが、その活動の規模はミスチルに比べたら幅はかなり狭くなります。
先日発売になったDVDを見てもらえれば分かるとおり、ライブの会場の規模は数百人程度です。

要するに、ミスチルが広く世の中に訴えかけるというのに対し、bank bandはこじんまりといい音を作り上げていこうというような感じです。
この二つのバンドが(ボーカルは変わりませんが)一緒のステージに立つということでかなり楽しみです^^
ミスチルはもちろんですが、bank bandが広い、しかも野外のステージでどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、とても興味があります♪
bank bandの方はGREAT ARTISTという名前でスペシャルゲストも来るんですね!



まずはチケットとらなきゃな・・・^^;

2005年03月24日

パン三昧

先日、南船橋駅の近くにあるららぽーとの中にある「東京パン屋ストリート」というところに行ってきました。
2月24日にオープンしたばっかりの、日本初(世界初!?)のパン屋が集まるテーマパークです!

休日に行ったので人がたくさんいて入場するのに3,40分は並びました。
まぁ新しいから仕方ないかと思っていたんですが、なんと看板に中の各店の並び時間が表示されてました。
一番行列が長い店で、衝撃の180分待ち!!
釧路から出店の「どりーむ」というメロンパン専門店と佐世保から出店の「ビッグマン」というハンバーガー屋さんが人気で、150〜180分待ちでした。
実際はそんなに長い時間並んではなかったんですが、入り口にそんな情報が張り出されてたのでほんとびっくりしました。
腹ペコでいったんで早く食べたかったんです^^;

「ビッグマン」のハンバーガーはでかくて食べごたえ満点です。
挟んであるものがいろいろあって面白いんですよ。

bacon.jpg

stake.jpg

ebichiri.jpg


実物も写真撮ってくれば良かったんですけどね。
食べるのに夢中でそんなことすっかり忘れてました^^;

「どりーむ」のメロンパンはお土産に買ってきました。
家で食べましたがさすがにメロンパン専門店というだけあってなかなかの味♪
うちの家族もうまいと言ってました!

ただ人気店の行列はレジ関係の手際の悪さが原因です。絶対。
「どりーむ」は傍から見てていらいらしてくるほど動きが遅い!
「ビッグマン」はなぜかレジに一人しかいない!

「パンの耳」というお店のレジは、早いし統率も取れているので人気があるのに早く買う事ができました。
そういった店を参考にして、あれは絶対に改善すべきだと思います。
売り上げも上がるはずだしお客さんも喜びます。

平日にいけば空いてるのかな!?
近くに住んでる方は足を運んでみてはいかがでしょうか。
食パン買いにいくだけでもいいみたいですし。
思ったより楽しめますよ!

2005年03月22日

Bank Band初オリジナル曲が「NEWS 23」のテーマ曲に決定・・・

Bank Bandの新曲が発表になりました。
題名は「to U」
小林武史さんが手がける新人女性ボーカリストのSalyuさんが加わり、
「Bank Band with Salyu」
という名義での発表になるそうです。
詳しくはこちら↓

ap bank


これもCDにはならんのですか!?
もしやDVDにおまけで入ってるとか!?
そんなことないか・・・。
ミスチルにしてもBank BandにしてもどうしてCDにはしてくれないんでしょう。
テレビの中でしか聴けないなんて意地悪ですなぁ^^;

Bank Band初のオリジナル楽曲ということですが、当然の成り行きでしょう。
あれだけのメンバーがいて自分らの曲を作らないわけがないですからね。
まだその曲を聴くことはできませんが完成度の高さは「沿志奏逢」からしても分かる通り、かなりのものじゃないでしょうか。

今回はSalyuさんという女性のボーカルも入るんですね。
この方のことは全然知りませんでした^^;
ネットで調べてみたところ、そのかわいらしい顔からは想像できないような大人っぽい声の持ち主でした。
Bank Bandの雰囲気にすごく合ってると思います。

http://www.salyu.jp/

7分15秒におよぶバラードの大作・・・っていうぐらいですから楽しみにしちゃいます♪


ミスチルの方もそろそろ題名ぐらい発表してもいいんじゃないかなぁ^^;

2005年03月20日

Any

社会に出てから今度の4月で丸3年。
いつの間にか自分の下にも何人か入ってきて、さらに来月にはまた新しい人達が入ってくる。
時の流れのなんと速いことでしょう。
悩む時もありますがこれからどうするべきか、じっくり考えて色んな選択肢を見つけていきたいなぁと思います。


Any

とても好きな歌なんですが、この歌の歌詞を言い訳に逃げ道を作っている自分がいるような気もします。
ちょっと納得いかないことがあっても「これもひとつの答えかな」と考えてしまったり。


>上辺ばかりを撫で回されて
 急にすべてに嫌気がさした僕は
 僕の中に潜んだ暗闇を
 無理やりほじくりだしてもがいていたようだ


すべてが嫌になる時って誰でもありますよね。
全部どうでもよくなってしまう感じの。
そんな時は人とのかかわりがすごく煩わしくて誰とも話をしたくなくなってしまう。

でもそういう時こそ、人と話をすることで救われるんだなっていつも後になって思う。
塞ぎこんでしまったら何も得るものはなくなってしまいますからね。


>いろんなことを犠牲にして 巻き添いにして
 悦に浸って走った自分を時代のせいにしたんだ
 「もっといいことはないか?」って言いながら
 卓上の空論を振り回してばっか



自分のことを言われてるみたいでちょっと怖い^^;
時代のせいにはしませんが、人のせいにはよくするんで・・・。
それで救われてきた部分もありますけどね。
口ばっかりの自分としては心に深くしみこんでくる歌詞です^^;


>「愛してる」と君が言う 口先だけだとしても
 たまらなく嬉しくなるから それもまた僕にとって真実



真実からは嘘を
嘘からは真実をっていうことでしょうか。
これ考えすぎると深みにはまってしまいそうです。
どれが真実でどれが嘘なのか。
本当の所は本人ですらも分からなくなってしまうんじゃないだろうか。


>今 僕のいる場所が 探してたのと違っても
 間違いじゃない きっと答えは一つじゃない
 
>今 僕のいる場所が 望んだものと違っても
 悪くはない きっと答えは一つじゃない



来月に会社の同じ部署の人達が数人辞めてしまうんです。
転職に寿退社に実家の方に帰るって人もいます。
会社を辞めるっていう位ですからそれなりの悩みもあるはずです。
そんな人達にこの歌を送ってあげたい。
あなたの選択は間違ってないんだぞってのを伝えたいです。

今いる場所、もしくはこれからの場所が殺風景な街の雑踏であったり暗く汚れた場所であったとしても、自分の色を使ってそこを新しく塗り変えていけばいいんですね!


この歌は逃げ道じゃなくて、納得できないところから自分の好きなように変えていけばいいんだってことで解釈をしています^^

自分で選び作り上げていくのは大変ですが、それらはすべて真実なんですね。

シフクノオト
このアルバムの9番目です。自分に迷った時、よく効きます。

Any
シングルにもなっています。




2005年03月20日

Early Cherry

会社の近所で早くも桜が咲いていました。

cherry

朝晩はまだ冷えますが昼間はさすがに暖かくなってきましたね!
うちのテンプレートも桜っぽいピンクにして、春の準備は万端です^^

入学、卒業、就職、引退、出会い、別れ、色々あると思います。
これから会えなくなる人、これからお世話になる人等、新しい年度に向けて後悔しないよう、ラストスパートしちゃいましょう^^

なんだかんだ理由つけてどの季節でも飲みまくってる私なのでした・・・。

sakura

2005年03月16日

おつかれさまでした♪

とりあえず無事に帰ってきましたので、その報告だけでも。
なんか食べることばっかり考えてたような・・・。
実際食べてばっかりです。

うまいものは人を幸せにする力を多大に持っていますね。
そのことを強く感じた、北海道でした。

明後日ぐらいからちゃんと再開いたします。
またよろしくおねがいします!

クラーク

2005年03月06日

寒さを追いかけて・・・ (明日から東京は暖かくなります)

完全に私事ですが、明日より北海道は札幌に行ってまいります。
スノボに観光、海の幸と楽しみを挙げればキリがありません^^;

ブログの更新が1週間ほどないと思います。(うちではよくあることですが^^;)
帰ってきたら早めの更新を心がけますのでまた遊びに来てください^^

帰ってくる頃に何かミスチル情報が進展してればいいんだけどなぁ。



2005年03月04日

Mr.Children新曲 ポカリスエットCM曲に決定!!

最近動き激しいっす。


Mr.Childrenの新曲が「ポカリスエット」新CMの楽曲に決定!

2005年3月5日より、大塚製薬株式会社「ポカリスエット」
新CMシリーズ第1弾「走る春」篇のCM楽曲として、
Mr.Childrenの新曲がオンエアされます。
尚、この楽曲のタイトル及びCDの発売は未定です。
(Mr.Children公式サイトより抜粋)


相変わらず詳細は未定です。
カップヌードルに続いてヤキモキさせてくれますね。
アルバム作ってるみたいですが、全曲タイアップとかになってしまうんでは・・・。
こりゃ1曲1曲目が離せません☆

大塚製薬のポカリスエットのサイトでCMを見る事ができます↓
春らしいさわやかな感じです♪

http://www.otsuka-adview.ne.jp/top.html

追記
このブログの、6月より放映されているポカリスエットの最新情報はこちらです!
http://number19.seesaa.net/article/4443565.html



2005年03月04日

OVERCOME

いいネタ振りがあったのでこれを逃す手はありません。

男性が選ぶ失恋した時に聴きたい曲1位、Mr.Children「Over」
(オリコン)


毎年こういうことやってますけど、毎年1位ですよね。
11年も前に発表された曲ですよ。
自分が思うに、よく昔の曲を聴くと当時の思い出が蘇ることがありますが、この曲はそういったことを思い出しやすいのではないでしょうか。
自分の置かれた境遇と詞の世界が似ているとか、とても共感できる詞だったとか。
だから長い時間を経た今でも愛されるんだと思います。

ちなみに2位は男女共にサスケの「青いベンチ」
これは10代の票が全部こちらに流れたのでしょう^^;


Over
メロディーももちろんいいのですが僕はこの歌は「詞」だと思います。
僕がこれを初めて聴いた時は14歳の時です。
当時は全く意味がわかんなかったですが、大人になってビールが飲めるようになったのと同じようにこの年になってようやくこの歌を味わえるぐらいになってきました。
人間は経験を重ねることによって成長していくんですねぇ^^;


>君を形成(つく)る全ての要素を
 愛してたのに


歌詞の中でいくつか要素を挙げていますが、いずれもそんなにいいところではない部分です。
好きになればなるほどそういう部分が気に入っていくのかなと思います。
他の人がみていいと思うところではなく、自分だけが知っているというような感じです。

ところで歌詞には「声」が2回出てきます。
これは歌の前半と後半で別の人のことをいっているのでしょうか。
それともそれほどその人の声に愛着があったのでしょうか。
確かに目に見えるものよりも声は記憶に残りますよね。


>”風邪が伝染(うつ)るといけないから キスはしないでおこう”

こんなこという人実際にいるんですか^^;
今からこんなこという人は冗談としてしか捉えてくれないですね。


>いざとなれば
 毎晩君が眠りにつく頃
 あいも変わらず電話かけてやる
 なんて まるでその気はないけど
 わからなくなるよ
 男らしさって一体 どんなことだろう?


とても共感できる部分です。
話はしたいけど何を話していいかわからない。
もしくは、気は引いていたいけど何の意味もない。

男らしさって何でしょう?
潔くあきらめること?
それとも自分の気持ちを伝え続けること?


>いつか街で偶然出会っても
 今以上に綺麗になってないで


これは「LOVE」の
>他の誰かに君を染められるのが気にかかる
みたいな気持ちもあると思うんですよ。
「LOVE」とはおかれている状況が違いますがこの部分だけを抜粋するなら当てはまる気がします。
一概には言えませんがなぜか男ってこういう風に考えてしまうんですよね。
たとえ離れ離れになってしまったとしても、その人のことは把握していたいんです。
自分勝手なのは分かっています。
でも自分の知らないところでその人が変わっていってしまうのが寂しいんです。


>たぶん僕は忘れてしまうだろう
 その温もりを
 愛しき人よ さよなら


この歌、決して前向きな歌じゃないんですよね。
失恋したけどがんばろう、みたいな物ではなく自分の後悔を繰り返し綴っています。
だから失恋直後に聴く歌ではないですね。
いっそう暗い気持ちになって傷口を広げかねません^^;
失恋をした直後ではなく、過去の思い出として消化できた時にこそ心に響く歌だと思います。
だから長い年月を経た今でも愛される曲なんでしょうね。


>夕焼けに舞う雲
 あんな風になれたらいいな
 いつも考えすぎて失敗してきたから


恋愛だけでなく、いろんなことで行き詰ったら雲のように心を開放して楽になればいいんです。


「Over」あらためていい曲だなぁと思いました^^


「Over」「LOVE」などの歌詞を参照されたい方はこちらが便利です↓
http://www.amenochihare.net/mc/mcindex.html


Atomic Heart
このアルバムの12番目です。この曲で昔を思い出す人は多いはず。



2005年03月02日

DVD 続報!

DVDのジャケットがap bankの公式サイトで公開されていました。
今度は赤紫色みたいな感じですね。
でも「シフクノオト」の時はweb上で見るとピンク色だったのに実物はクリーム色っぽかったよなぁ。
ブログで「ピンク色がなんかかわいらしい」とか書いたのが恥ずかしかったではないか^^;
実物見るまでは何色かは判断できないですね。。。

沿志奏逢

ジャケットと共にDVDの映像も少しだけ公開されています!
いよいよ今月の終わりに発売ですからね。
映像をみて改めて期待が膨らんでしまいます♪

ap bank

2005年03月02日

「タガタメ」万博でも流れます。

Mr.Childrenの「タガタメ」を愛知万博の国際赤十字・赤新月パビリオンに特別提供するらしい。
詳しくはこちら↓

http://www.jrc.or.jp/aichi/index.html

そこでしか見ることのできないビデオメッセージもあるみたいです。

万博にはあんまり興味なかったけどこれをきっかけに行ってみるかな。
愛知だったらそんなに遠くないしなぁ。
話題のセントレアものぞいてみたいし。

ちなみにセントレア(centrair)とは、
center と air をくっつけた造語です。
知ってましたか!?



2005年03月02日

タイムマシーンに乗って

今回は「BORELO」の3曲目、タイムマシーンに乗ってです。
BORELOの曲を扱うのは4ヶ月振りです。
最近はこっちの方あんまりやってないんでどのアルバムも久しぶりになっちゃいましたけどね^^;
この歌は当時の桜井さんの悩みっぷりが如実に表れた作品だと思います。
当たり前のことですが、彼もまた一人の人間だったということでしょうか。


タイムマシーンに乗って


>時が苦痛ってのを 洗い流すなら
 タイムマシーンに乗って 未来にワープしたい



このアルバムが発売されたのが1997年3月8日なんだそうです。
あと1週間で満8歳を迎えるわけです。
時間経つの早っ!

桜井さんがワープしたかった未来っていうのはいつのことなんでしょう。
ただ単に漠然と未来だったのか、それとも何日後、何年後という具体的な場所があったのか。
このアルバムが出てから活動休止などありましたが、今もなおMr.Childrenが存在してくれている事が嬉しいです。


>管理化の教室(コヤ)で 教科書を広げ
 平均的をこよなく愛し
 わずかにあるマネーで 誰かの猿真似
 それが僕達の世代です



国民性というかなんというか、日本は平均を求めていきます。
目立っちゃいけないしおちこぼれてもいけないし。
昔からの体質として変化を好まないですよね。
ひとつの所で安定したこと良しとします。
何でなんでしょうね。

それでも最近は少しずつ変わってきたでしょうか。
一昔前よりは色んなことを受け入れてくれるような世の中になってきたし、革新的な人達も出てきたように思えます。
待つだけではなく、自分から動き出さないとだめなんだな。


>How do you feel?
 どうか教えておくれ
 この世に生まれた気分はどんなだい?

>How do you feel?
 どうか水に流してくれ
 愚かなるこのシンガーのぼやきを



この頃の桜井さんが歌を通じて伝えたかった事って何なんでしょう。
歌詞から分かるとおり、この世の中にかなり嫌気がさしています。
一部の雑誌などでは、この頃自殺も考えていたというのが載っていたぐらいですからね。
生きていくうえでの苦悩、憤り、絶望など心のうちに渦巻いています。
この世の矛盾を聞いている人達に分かってもらいたかったのだろうか。


この歌と「Q」「It’s〜」ましてや「シフクノオト」なんていうアルバムを書いた人が同じ人とは到底思えないぐらいです^^;
人って変わるものですね。
蝶に変わる前のさなぎの段階とでも捉えればいいでしょうか。
蓑で覆われた内部では劇的な変化が起こっていたんですね。

今でも心の奥底ではこういった想いが眠っているかもしれませんね。

>癒える事ない痛みなら いっそ引き連れて

ですからね^^;


題名が「タイムマシーンに乗って」で切れています。
歌詞では未来にワープしたいとなってますが、もしかしたら過去にも戻りたかったかもしれませんね。
音楽をやり始めた頃の純粋な気持ちを取り戻すために。

BOLERO
このアルバムの3番目です。この世に生まれた気分はどんなだい?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。