innocent world 4:29 > 2004年11月の過去ログ

2004年11月21日

「糸」はBank Bandのテーマソングなんだそうです

先ほどテレビを見ていたら、アルフィーの坂崎さんが「イメージの詩」を歌っている場面に遭遇しました。
「沿志奏逢」のボーナストラックの片方の歌です。
ギターひとつで弾き語りということもあってかなりおさえた感じになってましたが、原曲の吉田拓郎さんが歌ってるCD(LP?)は桜井さんほどの抑揚はないんでしょうか。
僕が買ったCDにはこの歌が入ってました。
かなり好きです。
そんなわけで少し物足りない印象を受けたのです。

まだ、もう片方の歌聴いてないことを思い出しました。
こないだその歌が入ってるCDを貸してくれるということで友達と会う約束してたんですけど、風邪にやられたらしく当日にキャンセルのメールが・・・。
なかなか時間を合わせられる友達じゃないだけに、次は年末になっちゃうんだろうなぁ。
少しがっかりしたので僕の心にも今年の木枯らし1号が。
あぁ、ハマショー。

Bank Bandのライブに行ってきたという人のブログをいくつか拝見させていただきましたが、羨ましすぎます。
桜井さんまでの距離がだいたい10メートル!
学校にある長方形のプールの横ぐらいの距離です。
「目が合った」とか「こっちに向かって微笑んでくれた」とか・・・。
妄想とは思えません。
実際に桜井さんも「今日はお客さんの顔が見られて嬉しい」などと言っていたようです。
たいして行きたいとは思ってなかったし、落選のメールが来た時だって、まぁ当然の結果だなと余裕で受け止めてましたが、今は完全にひがみ入ってます。
うらやましい・・・・・・・・。
しかも当選した人には桜井さんからメールが届いたみたいです。
本当に本人からかどうかはわかりませんが、みんな同じ内容とはいえ桜井さんからメッセージが届いたことに変わりはありません。
返信もできたようでそのメッセージを桜井さんは全部チェックしてますと・・・。

もう、やめましょう^^;

ちなみに大阪公演のとき桜井さんは体調が悪かったようで、点滴を3本うってからステージに上がったようです。
そんな姿は微塵も感じさせなかったようですが、すごいですね!

皆さんも風邪には気をつけてください。
僕はバカなんで・・・^^;


「いつの日にか二人で」

僕は年上の人に恋をしたことはないんですが、年下というだけで何か引け目を感じてしまうものなんでしょうか。
男のほうが年上、女のほうが年上、それぞれで状況は違うんでしょうけど。
自分なんか相手にしてもらえないんじゃないかって思ってしまうのかな。
年の差があるほどそうなんでしょう。
この歌詞の世界の男性(男の子!?)の好きな人は少し年の差があると感じます。

学生時代、年上の女性にふられた友達に向かって歌ってあげたことありました。
Dearest friend というわけでもなさそうでしたが^^;


>本当の気持ちが恥ずかしくて
 騒いで気を引くだけ
 もう一人の僕が言う
 「こんなはずじゃないだろう」


年上が好きな時に限らず、男ってこういうとこありますよねぇ。
年をとるとこういうこともなくなるのかな。
心の中で思ってる自分ほど本当の自分は度胸ないです。
でも、たまに自分でも驚くほどの勇気を出します。



このブログも記事の数が30を越えました。
まだシングル曲全然書いてないのでそろそろ手をつけていこうかなと思います。
こんなブログでも少しお客さんが付いてきたみたいなので、ものすごく励みになります。
コメントを残してくれる方、トラックバックしてくれた方、いつも見に来てくれる方、もちろん通りすがりに見て下さった方も、皆さんに感謝です☆
これからもちょくちょく更新していきますのでよろしくお願いしま〜す♪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。