innocent world 4:29 > 2004年10月の過去ログ

2004年10月30日

醜くも美しい世界で

「Dear wonderful world」〜「It's a wonderful world」

今さらなんですが、このアルバムの曲って「蘇生」を除いてほとんど恋愛の曲ばかりですよね。
しかもマイナスの要素が強い歌詞ばかりです。
それで「Dear〜」や「It's〜」の歌詞を見てて思ったことを書きます。


(Dear wonderful world)
>無駄なことなど きっと何一つとしてないさ
 君の身の上話のひとつでも聞かせてよ

この「身の上話」・・・おそらくこれから続いてくる歌のひとつひとつなんじゃないでしょうか。


(It's a wonderful world)
>無駄なものなど きっと何一つとしてないさ
 突然 訪れる鈍い悲しみであっても

これは愛する人との別れだと思います。
おそらくこの「別れ」がこれらの曲間の歌の大きな要素ですよね。


>忘れないで君のことを僕は必要としていて
 同じようにそれ以上に想ってる人もいる
 あなどらないで僕らにはまだやれることがある
 手遅れじゃない まだ間に合うさ
 この世界は今日も美しい そうだ美しい

ここがなかなか悩ませてくれます。
もう一度やり直そうと考えているのかもしれないのですが、もしこの歌から「蘇生」へつながっていくと考えるならば、そんなことはありません。
どう捕らえていいのか自分としては判断がつきかねます。


このことをふまえまして、このアルバムの記事の内容を一部変更しております。
もしよかったら覗いてみてください^^

2004年10月30日

風を集めて・・・

昨日の夜、4ヶ月前まで一緒に働いてた人と久しぶりに会いました。

その人は22歳の女性なんですが、高卒で会社に入って3年と少し働いてました。
自分の夢を追いかけて・・・というかどうしても自分のやりたかったことをあきらめられず、6月に退社して1からの再スタートを切りました。

「なんとなく就職して続けていたけど、だらだら毎日が過ぎていくのがなんだかたまらなく嫌だった。不満があったわけではない。だけど充実していたかといえばそんなことは決してなかった」

今は専門的な技術や知識を要する仕事をしていて、勉強しながらの毎日なんだとか。
まだ知識がほとんどないのでアシスタント的な役割で今はバイトとして働いています。

「うちの会社ってけっこう大きな会社だからそこで働いてるとすれば世間的にもよく思われるじゃない。それなのにそこを捨ててまで今さらバイトっていうのも、さすがに私にだってプライドがあるし、その時はどうしようって悩んだよ」

給料は前より低く、もちろんボーナスもでません。保険にも入ってないといってました。
「時給なんて高校生の時にバイトしてたとき以来だから、なんだか若返ったみたいだよ」
今では笑って話してくれましたが、乗り越えてきた壁はいくつかあったみたいです。

「目の前のことから逃げるようにしてアドバイスを求めるんじゃなくて、ちゃんと自分の考えを持った上で聞かないと意味がないんだよ。じゃないとただ聞くだけで流れていっちゃうからね。結局最後に決断を下すのは自分自身だから、自分がしっかりしてないとだめなんじゃないかな」

この言葉がやけに耳に残りました。


花 -Memento Mori-

なぜか最近好きになった曲です。
そう長くない歌詞ですが、噛めば噛むほど味がでるというか、いろんなことを感じさせてくれます。
当時¥500で売っていたこのシングル。
デジタル録音ではなく、あえてアナログでの録音を敢行・・・なんて当時中学生だった僕にはなんのこっちゃって感じでした^^;


>恋愛観や感情論で 愛は語れない
 この想いが消えぬように そっと祈るだけ
 甘えぬように 寄り添うように 孤独を分け合うように

この部分、雰囲気的に、今にも消えてしまいそうなかすかな優しさを感じます。
「愛」というのはどんなに言葉にしても最後は本能の感情。
それが消えないように「祈る」というのが印象深いです。


>等身大の自分だって きっと愛せるから
 最大限の夢描くよ たとえ無謀だと他人が笑ってもいいや

どうしても自分を大きく見せようとすることが多いです。
等身大の自分、素の自分、本人しか知らない自分をもう少し認めてやってもいいのかな。


>負けないように 枯れないように 笑って咲く花になろう
 ふと自分に 迷うときは 風を集めて空に放つよ
 ラララ・・・
 心の中に永遠なる花を咲かそう

この記事の始めに書いた人を想いこの曲を選びましたが、その人は心に花を咲かせたのでしょう。
身近でがんばってる人を見ると自分もがんばろうって気になります!
負けないように・・・枯れないように・・・自分の「花」を思いっきり咲かせてみたいなぁ。

2004年10月29日

小学生より中学生に帰りたいなぁ^^;

ミスチルの曲を1曲1曲書いているこのブログ。
ミスチルでCDになった曲は今だいたい130〜40曲ぐらい世にでていると思いますが、それが終わったらこのブログも終了するのかな〜とちょっと考えてみました。
そこまでしっかり続けていけるかもわからないですけど。

でも、終わりがあるからそこに向かって一生懸命やろうとする。
何事もそうですよね。
そして、目標を達成できたときの充実感・・・その後にくる虚しさ。
まぁまだまだ先の話なのでとりあえずは楽しんでやりたいと思います^^


《光の射す方へ》

目標に向かって・・・というのとちょっとひっかけまして。
ライブの時に特効で花火が上がったのを思い出します。
こいつから序盤は盛り上がりました!
あとテレビ出演の時、JENのドラムにファーみたいなフワフワがついていたような・・・。
あれなんだったんだろう。。。


>誰を信用して 何に奮闘して この先歩けばいい?
 デキレースでもって 勝敗がついたって
 拍手を送るべき ウイナーは存在しない

何かをするにあたって、誰かの為にやるってすごい力が出ると思うんですよ。
家族のためであったり、愛する人のためであったり、そのほかの大事な人のためであったり。
そういう風に信じれるというか、がんばれる源になる人の存在って大きいですよね。

「デキレース」という言葉。
この曲を聴いて、意味を知りました。
僕が働いている会社もデキレースみたいなことが多いのでうんざりしてます。
そこそこでかい会社なんですけどこんなことしてるようじゃ先は危ないんじゃないかって思うときもあります^^;


>限りあるまたとない永遠を探して
 最短距離で駆け抜けるよ 光の射す方へ

ここの冒頭で「目標に向かって、というのとちょっとひっかけまして」と書きましたが、ここの歌詞を見てみるとそれが当てはまらないような気がします。
目標というよりも、「未来にある何か」というような抽象的な感じでしょうか。
最後の歌詞6行。
深く考えると止まりません。
この曲はそのうちパート2をやりたいです。
なんだか自分の表現力がもっとあればいいのになぁとヤキモキしてしまいます(´_`)

2004年10月28日

my hobby of joy!

昨日はドラムのレッスンがありました♪

Shall we?


まだ基本的なことばかりで肝心のドラムにはほとんど手を触れていません。
膝を手で叩いたり、スティックを手首で使う練習などを中心にやっています。
まだほんとに初心者なんで、簡単なことなのに難しい。。。
頭ではわかっていても体が反応してくれないんですよね〜。
足と手で別のことをするのがこれほど難しいとは思わなかった。
家でも練習です!


今日は天気がいいので^^
「メインストリートにいこう」

アルバム「versus」のなかでもノリノリの曲です!
聴いてるうちに楽しくなってきちゃいますよね^^
この曲も歌詞がストレートといいますか、抽象的な表現は少ないように思います。
みんなが狙ってるちょっと高嶺の花的な人に対してぬけがけしてるようなこの主人公・・・羨ましい奴です^^;


>たった一ついいかな
 君は月の明かりのように
 しまいこんだ孤独な心を
 やさしく照らす Light

最後の部分だけちょっとわかりません。
この頃の古いアルバムは人に貸したまんま返ってこないのが多いので、確認ができません。
申し訳ないです。もしよかったら情報提供を^^;

相手に語りかけるように綴られたこの部分、自分の奥底の方もやさしく引き出してくれるということでしょうか。
こんな風に言われたら女性は嬉しくなっちゃいますかね!?

曲調や歌詞から、なんとなくきれいで活発な女性像が思い浮かびます。
よく笑って明るい人・・・そんな人がけっこう自分の理想だったりします^^

歌詞の部分的な引用は少ないですが、全体的な雰囲気で楽しくさせてくれる曲です^^

2004年10月27日

ぶらり、二輪車の旅〜♪

今日新しい自転車を買いました!
今まで乗ってたのが壊れてしまったので、買い替えを迫られたのですが、¥7.800もあれば1台買えるこのご時世に、なんと¥43.000もだしてしまった^^;

別に自転車好きというわけではありません。
でも一目ぼれしてしまったんです。
かっこいいんですよぉ。
今日の東京はかなり雨降ってましたが、早速街中デビューさせてきました。
目的もなく自転車で1時間のサイクリング!
おかげで体が冷え切ってしまいました(´_`)
でも新しい物を手にしたときのなんともいえない嬉しい気持ち・・・久しぶりに感じたなぁ。
年甲斐もなくわくわくしてしまったさ^^;
明日は晴れるみたいだから気持ちよく走れそう♪
そのうち写真でもアップします。


「友達のままで」

右のカテゴリーのバランスをとるために、今日は「Everything」から^^;
この頃はまだ歌詞がシンプルですよね。
それとこの曲を聴くと、学校で習ってたピアニカを思い出します。
鍵盤ハーモニカともいいますか。
デビューアルバムということで懐かしさも2倍です^^;


>友達のままじゃいたくないと
 切り出した僕をみて
 もうこのままじゃいられないと
 君は急に泣き出した

まったく同じような場面に遭遇したことがあります。
私の初恋です。
中3の時だったかな・・・。
やっと恋心というものに気付いたまだ青い少年の心はぼろぼろに砕け散りました。
わけもわからず、ただ相手が泣いているのをみてました。
泣いている理由もわからずに。


>ふざけてばかりで本当のこと
 隠してはきたけど
 知ってたはずだろ
 僕が君を いつもずっと見てたこと

子供の頃は好きな人にちょっかいをだしてちょっとでも気を引こうとしますが、僕もやってました。
スカートめくりはやらなかったですけどね〜^^;
でもちょっかい出すのは今でもしてるかも・・・。
進歩のない人間っていうか子供っぽいのかな。


>いつの間にか たてられていたルールを
 壊したのは君のほうなのに

あの頃はこんなことわからなかったと思いますが、大人になった今ならわかります。
暗黙の了解というか、踏み出してはいけない一歩みたいな感じですかね。


歌詞の主人公は大人だと思いますが、桜井さんの声が若いのでなんか青っぽい少年を思い浮かべてしまいます。
さわやかですよね〜^^
大人でも子供でも楽しめる、そんな1曲でした^^;

2004年10月24日

気づいたら野球の試合も終わってしまっていました・・・。

今日、日本シリーズの第6戦が行われています。
ドラゴンズが勝てば日本一。
ライオンズが勝てば最終戦へもつれ込む今日のゲーム、なかなかいい試合です。(今は7回の表)
あら、盗塁失敗・・・。
あら、デッドボール・・・。
この後もいい試合を続けて欲しいです。

ところで、今年の日本シリーズで気になるのがテレビ放送の視聴率の低さ。
初戦の視聴率は今迄で最低だったとか・・・。(初戦の中で)
なんででしょう。
けっこういい試合してると思うんですが。
野球人気の低迷の表れですかねぇ。
アメリカのメジャーリーグもストライキをして一時はかなりのファンが離れてしまったらしいです。
CSとかケーブルテレビとかで分散してるのはわかりますがそれにしても低すぎです。
ヤンキースとレッドソックスの試合の方が盛り上がっていた気がします・・・。
ライブドアとか楽天とかソフトバンクではなくこっちもたくさん取り上げてもらいたいものです。


今ちょっとワインを飲んでいて気持ちよくなってきちゃったのでこの歌。
「渇いたkiss」

未練たっぷりの男が別れた女のことを考えるこの歌。
できれば歌詞カードを手にとってもう一度この歌を聴いてみてください。
こんなこと歌ってたんだなぁって思うと思います。
それと桜井さんの表現力の豊かさに参ってしまいます。


>揺るぎのない決心に凍りつく顔
 力のない瞳が映すのは僕という過去なんだ

ここが好きというか、この表現にやられました。
揺るぎのない決心ですよ。
凍りつく顔ですよ。
いくら想像していたことでも、現実に突きつけられると、こういうことになってしまうのでしょう。
彼女の中では彼はすでに「過去」になってしまっていたんですね。


>ある日君が眠りに就く時 僕の言葉を思い出せばいい
 そして自分を責めて 途方に暮れて
 切ない夢を見ればいい

いや〜さすがにここまでは考えないですね。
二人の間に何があったのか気になるところです。

>とりあえず僕はいつも通り 駆け足で地下鉄に乗り込む
 何もなかった顔で 何処吹く風
 こんなにも自分を俯瞰で見れる
 性格を少し呪うんだ

ぼくも結構こういう性格です。
かなり取り繕います。
他人に何かを覚られるのを嫌います。
自分も少し呪ってますが、俯瞰で見れるなんてどうやったらそんな言葉出てくるんですかね^^;


個人的に、何を歌っているのかわからない部分を中心に抜粋させていただきました。
おかしな文章になっているかと思いますが、ワインのせいです。
この歌が好きな方、たくさんいると思いますがごめんなさい。
でも僕も好きなんです。この雰囲気が。
なんか昔に付き合ってた人のこと思い出しちゃうなぁ。
今は何をしてるんだろう。


>Oh Baby Don't go

これも歌詞だったんですね^^;

2004年10月24日

自然の前では無力です。

この曲の本来の意味とは離れてしまいますが
「いつでも微笑みを」


>いつでも微笑みを
 そんな歌が昔あったような
 今こそその歌を歌うべきじゃないかなあ

>いつでも微笑みを
 そんな歌が昔あったような
 悲劇のまん中じゃその歌は意味をなくしてしまうかなあ


今回の台風23号、新潟県を中心とした大地震。
今でも非難をしてる人もいるでしょう。
行方不明になっている人もまだいるそうです。

なんといっていいか・・・。
今がどん底だと思ってこれから希望を持って生きていってもらいたいです。

がんばれ!!!!!

2004年10月23日

そばにきて抱きしめてくれる人募集中(ToT)

今日は例のエアロビやってきました^^;
僕のお友達です↓

アミノバイタルプロ!

前の記事にも書きましたがアミノ酸ってすごいんですね。
筋肉痛の緩和、脂肪燃焼の促進、お肌のハリの取り戻し、二日酔いの早期回復・・・などなど。(アミノ酸の種類によって効果は様々)
スポーツやっている方でまだアミノ酸を疑っている方。
食わず嫌いはやめて試してみた方がいいですよ!
次の日の疲れの残り方が全然違います!

それにしても今日は天気良かったですね♪
そういえばなんで秋に「小春日和」って言うんですかね。
昔の人の考えることは複雑でわからん。

会社の近くでまた撮ってきました↓

お寺の紹介写真みたい^^;

桜がきれいなお寺です。
後ろはいわずと知れた東京タワー!
小学生以来のぼってないなぁ・・・。


それではそれでは
「また会えるかな」

この曲は「星になれたら」【むつさんの『こころはいつも、空の色』】と共に、送別会のときに必ず歌う曲のひとつにノミネートされています。
口笛まじりのイントロが好きなのです♪

>また会えたなら
 次ぎ会うときは
 愛聴盤や愛読書なんか持参で
 ほんのいっぱいのつもりで飲んで
 青春時代みたいにして夢ならべて

歌詞の世界では、この相手は女の子でしょうが、なぜか居酒屋で話してる二人をイメージしてしまいます。
ほんのいっぱいのつもりで飲んで・・・なんていうのがあるからかな。。。

>曖昧模糊とした表現なんて
 金輪際とっぱらって
 君と二人 愛を語り
 めくるめくの世界へ

めくるめくの世界とは!?^^;
なんとなくいやらしいのを想像してしまいますが、ほんとにそういうことなんでしょうか?
「昔から好きだったんだ」なんて言っちゃったりして・・・。

>いつも優柔不断じゃまずいだろう
 やるときはやる てな奴に
 なってやろうじゃない

この曲の影響でというわけではありませんが、自分的にこのことはモットーにというか目標としてやってます。
頼られる人間に! 
てな奴になってやろうじゃな〜い♪

2004年10月21日

若年寄・・・^^;

アクセス解析の「検索ワード」。
このブログにこられる方々がどんな検索でここにたどり着いているのか。
「松井秀喜」「ヤンキース」「日本シリーズ」などなど・・・。
一応ミスチルブログやってんのになぁ〜なんて思いましたが、自分の記事を見直してみると、「ミスチル」「Mr.Children」「ミスターチルドレン」なんて言葉がほとんど出てこないことに気づく。
曲の題名しか出さないし、ほとんどがアルバムの曲でこんなので検索してる人なんかいないに等しい。

多くの人に見てもらいたいなぁとは思うものの、こっち側の工夫も必要なんだな〜と感じました。
この記事はミスチル関連引っかかりまくりの予感^^;

ヤンキースもメジャーリーグ史上初めてのことやってくれましたし(リーグチャンピオン決定戦で3連勝の後の4連敗)野球の方も引っかかりまくりでしょう。
野球ネタは時間のある時にゆっくりとやりたいです。


野球にあやかって・・・
〔アンダーシャツ〕


野球だけに限らずアンダーシャツはあるでしょうが、この頃のミスチルはたしか野球をよくやってたはず。
今はサッカーになってしまったみたいですが。

「DISCOVERY」が発売してすぐの時はカラオケでよく歌ってました。(まだ学生のとき)
サビではほとんど音程関係なしで叫びまくればOKみたいな空気がうちらの中ではありました^^;
おれらはカリキュラム通りにはいかねぇぞ〜!とか叫んでたような。
その頃の思い通りにはなかなかなりませんが・・・。

>3on3 ロッククライミング
 フットサル フリスビーにゴルフ
 なりふりかまわず汗を流せ

さすがにここまで活発にはやりませんが、ぼく結構スポーツやります。
野球に始まりフットサル、スノボ、など。
あとエアロビ(笑)
駅前のフィットネスクラブの会員なのですが、筋トレ目的で入ったのにいつの間にかスタジオでエアロビをやっている自分がいる。
なんか知らないけど結構面白いんですよね。
一人で黙々とやるより、皆様と一緒に汗を流す方が気持ちいいんですよ。
最初はインストラクターのあまりのハイテンションさに失笑してましたが、慣れとは恐ろしいもので今ではそれが何もおかしく感じない。
たぶん初めての人が見たら失笑されてるんだろうなぁ、自分。。。
とか思いながらもやってしまう^^;

>いつかは誰もがやがては誰もが
 死にゆく自分を愛せるだろう

こんな曲でありながらちょっと深いですね・・・。
自分のことが好きになれないっていうのは嫌な部分しか見えないからですかね。
自分で自分のいい部分なんてわからないしそれは他人が評価するものですよね。
嫌な部分も受け入れられれば、いつかは自分を愛せるようになるのかな。
なんか他の曲みたいになってしまった^^;

>心はいつでも真っ白なアンダーシャツ

こんな感じで気楽にいこ〜っと♪

関係ないですがスポーツがらみで↓
ジネディーヌ★ジダン

2004年10月20日

通称『キュウリ』でほんとにいいんですか!?

図書館ではありません。
昨日の夜、都内のホテルでお食事をしました!
とてもきれいでため息がでます。
でも「ため息の日曜日」ではありません(笑)

いつも記事を書くにあたり、まずいろんな人のブログを見てから書き始めるんですが、やっぱり「沿志奏逢」ネタが今日は満開のようです。
今日買ってきて、ヤンキースの試合を見ながら中に入ってる歌詞カードをぺらぺら。
最初の方の長い文章をよんでからいざ再生。
感想は今度書きます。いっぱい聞いてから。
こんな意見wtc21さん)やこんな意見yfchunさん)がありました。
それと最後の曲が歌詞カードに載ってないことに気づく。
なんでやねん!と思ってましたが、どうやら最後の曲はボーナストラックということらしい。
ちなみにぼくのは「イメージの詩」でした。
もう片方は「僕と彼女と週末に」という曲。
もう片方を聞きたいが為に一か八かで、もうひとつ買ってしまおうとする人もいるだろう。
しかしこのCD、30万枚の限定発売。
なんでやねん!


今日は♪UFO♪でいきましょう。


理由はわかっていただけるでしょうか。
もちろん「沿志奏逢」がらみで^^;

この曲、今の自分の面倒なしがらみみたいなものから逃げ出したい・・・どうにかしてほしいというようなことかなと。

>互いの胸のうちに気付いてる以上
 僕らは共犯者だ 念を押して確かめなくても
 僕を信じきっているあの人を 嫌いになれもしないから
 よけい わかんなくなるんだよ

彼女がいるにもかかわらず、もう一人が気にかかる。
しかもその人とはお互いに同じような感情を抱いている。
同じような状況で「LOVE」もありますがそれとはまた違った関係ですね。
どっちつかずで、わけわかんない。
ある意味贅沢な悩みかなと^^;


>二人を 夢の中へ連れてっておくれ
 UFO来ないかなぁ

ここの「二人」・・・どの二人かで話題になったことがあります。
本当の彼女か、それとも今惹かれあっている人か。
普通に考えたら後者の方だと思うんですが、ほんとの彼女の方でも違った解釈があって面白いですよね!

2004年10月19日

ホームラン王→ファンタジスタ(夜)

ここの右のスペースのカテゴリーというところに→
『読書』
というのを発見しました。というか思い出しました。
ほんとはミスチルの曲ばかりではなく、いろんな本も紹介していこうかと思ってたんです。
東野圭吾さんが好きでよく読んでいるのでこっちもやってみたいのですが、そこまでの知識は自分にないような気がしてまだ1歩目を踏み出せません。
本の批評って気軽にできないような気がして・・・。
それを気軽にできるのがブログのいいところでしょうが、自分にはもう少し時間が必要かなと思います。
まだ当分 【読書(0)】 が続くでしょう^^;


ではでは、

「言わせてみてぇもんだ」



>愛想尽かしてくれても
 一向にかまわない
 君の言う永遠など
 僕だって手にしてない

アルバム一発目の曲の出だしから「愛想尽かしてくれても一向にかまわない」なんて何か意味があるんじゃないかって考えてもみましたが、その後の歌詞の流れでしょうか。
恋愛にしてもなんにしても永遠に続くだろうって思うこと色々ありますよね。
永遠って皆さん信じますか?
ぼくはあんまり信じる方ではありません。
何事も、永遠に続くと思われてたことが自分の意思とは裏腹に途切れそうになるときがあると思います。
何か試練のような。
そこでがんばれるか、ふんばれるかが大事なんじゃないかなと考えています。


>でもどうしようもなく必要って
 言わせてみてぇもんだ
 ねぇ言ってみてよ

愛想尽かしてくれても一向にかまわないという出だしに、この結び。
人間味にあふれているというか、なんとなくわかります。
今ではミスチルがどうしようもなく必要な存在になってしまいました^^

そういえばこの曲、横浜国際競技場のライブの時にいちば〜ん最後に流れてましたね。
「sign」が終わってメンバーがステージを行ったりきたりしてるときになんか聞こえるなぁと思ってたらこの曲でした。
今考えてみると「ねぇ言ってみてよ」ってことなのかな、ってのは考えすぎですかね^^;

2004年10月19日

「昨日と違う世界」あるはずです。

松井秀喜のポストシーズンの成績は奇跡的でもある。
ここまで8試合をやって打率.486 ホームランの数は3本である。
どれぐらいすごいかって、アメリカの放送局が松井を中心にカメラをまわしてるぐらいです。
向こうのアナウンサーの実況や解説でも随所に「MATSUI」という名前が出てくるしまつ。
ニューヨークヤンキースの4番に定着ですよ!
しかもポストシーズンで。
どれぐらいすごいかって、レアルマドリードでロナウドやジダンやってるようなもの・・・ってわかんないか。

イチローは記録面でとてつもないことをやってのけました。
今年記録したシーズン262安打なんて今後100年かかっても追い抜くことはできないでしょう。
もし追い抜くことができるとするならば、それはイチロー本人だと思います。

このように海の向こうのアメリカでは日本人が大活躍!
日本の野球界はそういったこととは別のことで争いが起こっています。
単純に楽しさ、素晴らしさを求めているファンのことを忘れてほしくはないですね。
日本シリーズが大いに盛り上がることを期待しています!


「ラララ」


ちょっと話は反れますが、ここで出てくる「ぶどう酒」
実はぶどうが嫌いなんですよ・・・。
このことを話すと「ぶどうが嫌いなんて人初めて聞いた」とよく言われます。
しょうがないですよね〜嫌いな食べ物なんてそんなもんです。
ぶどう食べると喉が痒くなってくるんですよねぇ。
アレルギーではないということですが、それが嫌でぶどうは食べません。
ファンタグレープもだめだって言うとよく笑われます。
お酒は好きなのですが、ぶどう酒だけは食わず嫌いというか飲まず嫌いですね。
ほとんど飲んだことがないので痒くなるかはわかりませんが恐れていることは確かです。
なんというか「そんなラララ」になることを祈っています。

「ラララ」は1/42の印象が強いです。
みんなで合唱していきなりのTomorrow never knows。
こんなことされたら失神してしまいます。
みんなで歌うのっていいですよね!
桜井さんの声が聞けなくて嫌と言う人もいますけど、会場が一つになるようなあの雰囲気が僕は好きです。

>一人じゃない喜び
 何はなくともそれでよしとしようか

そんな風に思えるような心のゆとりができたなら、他人にももっと優しく接していけるかなと。
どうしても自分のことばかり考えてしまいがちですが、視野を広げて、何よりも楽しく毎日過ごせたらなぁなんて考える今日この頃でした。

2004年10月18日

うおぉ〜〜♪

東京都

会社の近くにあるたか〜いビルです。
いつもは見慣れてるのでこのビルを見てもなんとも思わないのに、こうしてモノクロにしてみるとまるで違った景色に見えます。
なんかこう時間が凍り付いているかのような。
見方を変えるとこんなに違うんですね。


今回は「my confidence song」いきます。


ブログタイトルにもあるinnocent worldのカップリングの曲です。
短い曲ですが好きな人は多いと思います。
シングルもよく売れたので知ってる人は意外と多いですよね。

この曲で思い出すのは、このころの髪の短い桜井さん^^;
アコースティックギターの音のみの演奏なのでよく桜井さんの声が聞こえるんですよ。
声が若いなぁと(笑)

>愚かな自由を振りかざして
 ペナルティがなきゃ正義

このごろの世相ってこんな感じじゃないですかね。
「誰にも迷惑かけてないし」って声が聞こえてきそうです。 おりじなる!

こんなこと書くなんてもうすっかりオヤジの領域に入ってきたのかも・・・。

>さぁどこまでも流れていくよ
 Everywhere I'll go

これを心にこれからも続けてこうかな〜♪

2004年10月16日

背中で抱きしめるのです。

やはりアミノ酸の力を感じずにはいられない。
筋肉痛がほとんどないのだ!
酷使した右肩やふくらはぎあたりを除いてはまったくの皆無!
これじゃまるで自分が何もしてなかったみたいではないか!
謎の「1番キャッチャー」で出ていたのに・・・。
3塁打だって打ったのに・・・。
昨日はあれほど恐れていた筋肉痛だが、今となっては物足りなささえ感じてしまう。
人間(俺)ってなんて自分勝手・・・。


それでは
「ロードムービー」
でいってみます。

個人的にアルバム曲の中ではかなり好きな部類に入ります。
これほど情景が鮮やかに思い浮かべられる曲は他にそう無いと思います。

>今も僕らにつきまとういくつかの問題
 時の流れに少し身をゆだねてみよう

そういう考え方もあるんだなぁと感心したというかなんというか。
今思えば、こういう風にしていればもう少し状況はよくなっていたかなって思うこともいくつかあります。
急いで答えを出そうとしてもどうしようも無いときもあるものです。

>街灯が2秒後の未来を照らしオートバイが走る
 等間隔で置かれた闇をこえる快楽にまた少しスピードを上げて
 もう一続きの未来へ

ここの部分が好きなんですよねぇ。
なんかこういうことなのかなというのはわかるのですが、この歌詞の前では自分の表現力は無力です。
自分なりの解釈のしかたがあるのに言葉にはできません。
すいません、知能がなくて・・・。

この歌に関して、歌詞に自身がありません。
もし間違えていたら教えてください!
すぐに訂正しますので。

2004年10月15日

安らかに・・・おやすみなさい

新品!
晴れた。晴れたよ!
昨日の想いが通じたのか、信じられないほどに、見事に快晴。
いや〜気持ちよかったっす。
野球ではなく昼寝したいくらいだったなぁ。
運動するには最高の気候でした。

試合は6−0で負けてしまいました。
ボロ負けまではいかないけど1点も取れないのは残念でした。
明日は全身筋肉痛だろうなぁ。。。
もう年を感じる今日この頃。
なかなか筋肉痛がひかない。
先週やったときは5日間続きました。
今日はアミノバイタル飲んでバンテリン塗って寝ます。
万全の体制で明日を迎えることにするよ。
ある意味明日が楽しみになってきました^^;


天気がよかったので「安らげる場所」


>10月の夕暮れが寂しげに街をうつす

この季節の夕暮れ時、すご〜く気持ちいいですよね!
犬飼ってる人なんかはこの時間帯によく散歩してる人を見かけます。
この気候のまま紅葉の季節に移ってくれたら最高ですね。
散歩でもいってくるか〜って気になりますよ♪


>人はなぜ幸せをやみくもに求めてしまうんだろう 
 何より大事なものも守れずに

幸せではなくとも、大事な人を守れればそれでいいってことでしょうか。


小林武史さんのピアノに桜井さんの声がすごくマッチしてていいです。
こういった感じの曲、最近出てきてないですよね!?
次のアルバムにはこういうのも入っていてほしいなぁと思う今日この頃。

今日はもう寝ます。野球してさすがに疲れました・・・。
筋肉痛ではないことを祈って、おやすみ!!

2004年10月14日

過ぎ去りし堤へ、思い出の渡辺へ。

ここのところ東京全然晴れないですね。
前に青空を見たのはいつのことだったか。
ただでさえ濁った空なのに余計にどんよりして見えます。
前に書いた「蘇生」並みの回復を期待したいもんです。

実は明日野球やることになってるんですよ。
だから晴れてもらわないと困るんです。
単純に寒いから・・・。
寒いのは人一倍苦手です。
それでもスノボはやります^^;

野球といえば昨日西武ライオンズの堤義明オーナーが辞任を表明しました。
グループ全体の肩書きをすべて捨てるみたいです。
(詳しくはこちらで)
なんていってもやっぱり影では実権握ってるに決まってますよね。
なんかジャイアンツの前オーナーの後を追うようで、気持ち悪いというか薄気味悪いというか・・・。
誰が見ても不自然な辞め方だと思います。
パリーグを制覇してこれから日本シリーズを戦おうとする選手の気持ちに水を差すようなタイミングです。
ほんとに透明性のない閉ざされた感のあるオーナーサイド。
野球を楽しもうという心、ファンを喜ばせてあげようという心はないのでしょうか。
経営なんだから仕方ないと言われてしまったらそれまでですが、それでは何のために球団を保有しているのか。
他に儲かる方法なんていくらでもあるはずです。
最初に球団を持とうとしたときの気持ちは絶対に今のそれとは違ったものになっていると思います。
その頃の気持ちをもう一度取り戻して欲しいですね。


そんな感じで愚痴ったところで本日は、
「手紙」ってことで。


2004年10月14日

迷わずいけよ、いけばわかるさ!

20GBなのです。
上のipod今年の初めぐらいに購入いたしました。
もう古いモデルになってしまいましたがこいつのおかげでミスチルがさらに身近になったような気がします。
いつでも好きな曲が聴けるからです。
おそらく、メジャーデビュー後のミスチルの曲はすべて入ってるとおもいます。
アルバムに入ってないカップリング曲や、I"ll be(シングルver)、1/42もちゃんと入ってます。
「君の事意外は何も考えられない」、「Love is blindness」なんて知ってる人はすごい懐かしいですよね!
車に乗るときは絶対といっていいほどミスチルをかけ、同乗してる人に懐かしい曲を紹介し、CDを買わせてしまうということもしばしば。
でもCD買ってくれるってことはそれだけミスチルがいい曲を提供してるってことですよね。
元もとのファンの数は計り知れないほどいますが、さらに広げていきたいと思います。


それでは

one two three

でいきましょう。

この曲、なぜかアントニオ猪木の引退時に残したコメントが最後に出てくるというある意味掟破りな感じに仕上がっております。
なぜあんな風になってるのか知っている方いらっしゃったら情報提供をお願いします。


>僕ならいつも冗談めかしてたりするけれど
 ずっと ずっと 考えているんだ

けっこう自分に当てはまるかななんて思います。
いつもはすごいふざけてるのに、たまにまじめな顔して考えることがあります。
そんなとき決まって言われるのが
「何考えてるかわかんないから不気味」・・・余計なお世話です^^;


>大人になりきれなくて逆恨みしたけれど
 うんと うんと 感謝しているんだ
 愛しき人よ 君に幸あるように
 もう 後ろなんか見ないぜ 1,2,3!

この最後の部分がこの曲の答えなんですね。
別れた人に向けての感謝の言葉、昔は恨んでもいたけど今は幸せを思える。
大人だなぁ^^;
「渇いたkiss」の人とは大違いですね(笑)

これを読んでくれてる皆さん、うんとうんと感謝です^^/

2004年10月13日

Making Songs

最近駅前の音楽教室でドラムを習い始めました。
きっかけは「ドラムマニア」というゲームですが、ここんとこ本物を叩きたくて叩きたくてしょうがなくこの衝動は抑えられん!!ということで、月1万という缶ビール(350ml)にして約40本分の大金をはたいて入会!
秋の入会金半額キャンペーンなるものをやってましたが、夏にも似たようなことをやっていたそうです^^;
そうでもしないと会員増えないんですかねぇ。
おそらく冬にもやるでしょう。
いっそのこと入会金なんてなくしちゃえばいいのにね!
冬は入会金ただだったりして・・・。

第一回目、緊張して教室の前で深呼吸。
中からはいい音が響いておりました♪
がちゃっとドアを開けて、たまげました。
いい音させてたのは小学生のお子様!!
その姿はこれからドラムを習おうとする私にとって神のように神々しかった。
ゼウス様に合掌。
ゼウスといえばびっくりマンですかね。
なんてことはさておいて、先生がまたいい人でとても親切。
35歳ということでしたがとても若々しく見える。と自分でも言っておりました。
まったくの初心者ということで、最初はスティックの選び方やドラムセットの名称などを教えてもらい、叩きはまったくありませんでした。
でもレッスンが終わった後でちょこっと叩かせてもらいました。
ちょ〜気持ちいい!!!
ゼウス様を追い越す日も近いでしょう。
まだまだガキには負けねぇぜって勢いでがんばります。

わたくしの成長をご迷惑かも知れませんが、逐一報告させていただきます。
ドラムで叩きたい曲は「名もなき詩」
JENモデルです。よく見るとわかりますよ^^

いきなりは無理でしょうが、そのうち・・・ね。
なにかMr.Childrenで比較的簡単なのがありましたら教えてください。
先生と相談の上やらせてもらいます。
ちなみに「Making Songs」はアルバム「深海」の6番目の曲(!?)です
♪だっからダーリ〜ン

2004年10月13日

Twenty's Dream

今回は「ティーンエイジ・ドリーム(T〜U)」です。


かさばった荷物を片付けては・・・まではいきませんが、今日部屋を片付けていたら昔の写真がたくさん出てきました。
隠れてた思い出たちが大胆に顔を出しました。

昔々、小学生の頃の夢はプロ野球の選手でした。
今から14,5年前の話です。
しかし多少さめたところもあり、卒業文集等にはプロ野球選手になりたいと書いておきながら、子供ながらに無理じゃないかという気もしていました。

中学に入り、東京都選抜にもう一歩というところで落選し、その時に悟りました。
<この世界では飯は食えない>
あの日の気持ちは今でも鮮やか過ぎるほど覚えています。
野球をやってて初めて涙しました。
恋愛感情というのも芽生え始めてきて、好きな人もできました。
もうほんとに歌詞通りですが、その子にちょっかいばかりだして、噂になり、気まずくなった記憶があります。
もうあの時は戻らないけど、今もこの胸に焼きついたまま・・・。

高校のときも野球は続けました。
プロを目指す気はありませんでしたが、今までずっとやってきていたのでそのままの勢い、という感じでした。
しかしお遊びでできるような雰囲気ではなく、体育会系を地でいくような部活でした。
休みは月に1回あるかないかで、朝から夜近くまでずっと学校にいたようなきがします。
普通の高校生のような生活ができないような状態になり、どうしたもんかと思っていた矢先、ひょんなことから彼女ができました。
すごく人気のある子でみんなからは羨ましがられました。
初めての彼女ということもありすごく嬉しかったのを覚えています。
あの日の気持ちも鮮やかに蘇らせることができます。
しかしそう長続きはせず、半年ぐらいで別れてしまいました。
最後はどうしていいのかまったくわからず、空回りのメリーゴーランド状態でしたね。
drive

今、大人になってあの時の夢はまったく形を変えてしまいました。
だけどあの時の思い出が今の自分を支えているのは確かです。
人の気持ちは変わっていくものです。
だけどあの時の気持ちは今もこの胸に焼きついたまま・・・。

休みの日にはあの子とドライブにいきた〜い!!

2004年10月10日

蘇りです。

台風一過の晴れ渡る空・・・まではいかないものの、ようやく晴れた感がある東京。
関東地方を通過した台風の中では観測史上最大級だったとか。
中央線の四谷駅付近で土砂崩れ騒ぎがあったらしい。
土曜の夕方から中央線不通なんて都内でもこういうことあるんですね。

ということで、今日はこちら。

蘇生


この曲はなんか雨上がりのさわやかな空をイメージさせてくれます。
アルバム内でovertureからのつながり(1曲目→2曲目)がそんな感じですよね。
すごくすっきりさせてくれます。
最初に題名を聞いたときは何のことやらわからなかったですが、今ではなんとなくわかるようなわからないような。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。